どうも円数量売れ筋が止まらないのが気になっています

少し前から外貨預金をしています。保有しているのは豪ドルとニュージーランドドルです。外貨預金を始めることになった元凶は、元々低かった日本円の利率が再度安いことです。日本円よりも利率の高い外貨での運用に魅力を感じました。
外貨預金を開始してからは、日々為替料率を注視するようになりました。円安になるのを心待ちにしているのですが、何やら希望の方角に投資が動いてくれません。最近は、円本数が進んでいくばかりです。もう米国で利率の撤収が行われるかもしれないと思っていたのですが、お流れになり、円が高騰しました。おまけに、英のEU脱却ネックの関係で円買いが進んでグングン円本数が進行しました。そのうち1米ドル100円を切ってしまうのではないかという雰囲気まで感じられます。
円安方角に流れを変える要因は結構見当たりません。当初は直ちに円を売ってしまおうと考えていたのですが、こういう様子だと、たいして長い期間にわたって外貨のままにしておくほうが良さそうです。ストレスニキビの治し方を教えます